top

看護部門

看護体制

外来・透析センター・一般病棟・医療保険適用療養型病床。当院では入院から退院まで固定チームナーシングで看護・介護を担当しております。
また、入院中の心配事やお気づきの点、退院後の健康に関する諸問題など遠慮なく各病棟の担当者までご相談ください。

看護部長より

私たち白井聖仁会病院の看護スタッフは、その人が健康に生きる力を引き出すことを支援し、人に優しい看護・介護を提供いたします。

  • 患者さまに満足していただける看護・介護を実践いたします。
  • 事故のない安全な看護・介護を実践いたします。
  • 専門性を高めるやりがいのある看護・介護を実践いたします。

外来

外来スタッフは患者さまの立場にたって患者さま一人ひとりに優しく、丁寧な医療を提供することを心がけて日々努力しております。
お気づきの点などございましたら、遠慮なくお申し付けください。

人工透析センター

人工透析は他の処置・治療に比べて時間を必要とします。そのため、患者さまにもストレスをおかけすることがございます。
私どもは皆さまが少しでもリラックスできるような環境と接遇をご提供できるよう努力し続けております。
また、皆さまが通院されるご負担を考慮し、透析専用送迎バスを用意しております。ご利用・ご希望の方はご相談ください。

一般病棟(3階A)

スタッフ一同エネルギッシュに活動している病棟です。急性期病棟であり、幼いお子様からご高齢の方までの症例に対して診療・看護を行っています。
看護スタッフはそれぞれが知識・技術の向上に励み、研修会や勉強会など積極的に参加しております。

療養病棟3階B(医療保険適用型)

急性期疾患後の治療から病状が安定期に入られた方で、慢性期の疾患や障害のため、引き続き入院が必要な方を対象した病床になります。患者さまとのコミュニケーションを大切にするよう、日々努力をさせていただいております。

療養病棟4階A・B(医療保険適用型)

4階病棟は一般病棟での治療を終え、症状は安定しているが在宅での生活が困難な方を看護させていただきます。
専門的知識と技術を持ったスタッフが患者さまの個性を重視した日常生活のお世話・ならびに季節感を取り入れたレクリエーションなどを行い、家庭的な介護を目指しております。
お気軽にご見学ください。

5階(緩和ケア病棟)

がんによって引き起こされる様々な体の辛さの緩和と心の苦痛や不安を和らげることを目的とした病棟です。 積極的ながん治療は行いませんが、つらい症状を出来るだけ軽くするために多職種が協力して患者様と協力してご家族を総合的に支えていく努力をしております。

レクリエーション

お誕生日会(毎月第1土曜日)
お楽しみ会(各月の終わりごろ)
1月(お正月)、2月(節分)、3月(ひな祭り)、4月(お花見)、5月(端午の節句)、6月(生け花)、7月(七夕祭り)、8月(夏祭り・スイカ割り大会)、9月(お月見)、10月(秋の大運動会)、12月(クリスマス)