top

X線CT検査

X線CT検査

当院では、東芝社製16列32マルチスライスCTシステムを導入しました。
この検査では、患者さまが寝台に横になるだけで苦痛なく頭部や胸部・腹部の断層像(輪切り)が鮮明に撮影できます。
検査はとても簡単で短時間ながら広範囲の撮影が行え、頭部外傷・脳出血・脳梗塞などの頭部疾患から胸部疾患および腹部臓器(肝・胆・膵・腎・膀胱・その他)疾患にいたるまで、全身の診断が可能です。
詳しい検査内容は、医師またはスタッフまでお気軽にお尋ね下さい。

このクラスのCTでは最大のガントリ開口径780mmを実現し、圧迫感が無くリラックスして 検査を受けていただけます。

AIDR 3D 被ばく低減が可能!

被ばく低減再構成技術“AIDR 3D”が実装されました。
X線が検出器に到達した際に、純生データの段階でノイズとアーチファクトを除去した上で、さらに再構成の過程でもノイズを取り除くことにより、高画質を維持したまま大幅な被ばく低減を実現しました。
通常モードで最大50%、低線量検査モードで最大75%低減できます。
このAIDR3Dはすべての部位、撮影条件で使用することが可能です。